スキンケア(肌の手入れ)とスキンキュア(治療)の違い

化粧品(コスメ)は、顔や肌を美しく見せるためのもの。

コスメは肌のトラブルを治す治療薬ではありません。

最近の化粧品は付加価値を高めるためとオリジナリティを出すために副次的な効果を謳ったものも増えていますがその基本を踏まえて利用しましょう。

スキンケア

スキンケアは美肌のために肌をお手入れすること。コスメは薬ではなく美容のためのもの。

肌のしみやしわを隠したり潤い(保湿)をしてきれいな状態に保つのが役割です。

化粧品は、国の法律で副作用のない=効果の薄い製品であることを求められており肌トラブル解消はできません。しわやしみ・くすみを消すまでを求めるのは可哀そう

スキンケアをする女性

スキンキュア

肌のトラブルは、皮膚科のスキンキュアで治しましょう。

ひどいニキビや日焼けなどは、化粧品やエステで治すよりきちんと病院に行くべきです。

肌をきれいにすることと治療(キュア)することは、性質も使う化粧品(薬)も全く異なります。

ニキビ・日焼け・肌荒れ・乾燥肌などで症状が重くなかなか治らない状態のときに、化粧品を付けて治そうとしたりごまかそうとすると逆に症状が重くなってしまいます。

深刻な肌トラブルは、皮膚科に行き医師の診断と処方に従いましょう。

スキンキュアは皮膚科へ

もちろん、医者が全てを解決してくれるわけではありませんが、化粧品で全ての肌がきれいになるわけではありません。クリームや化粧水の注意書きを見ると「肌荒れや湿疹」などが出来た場合には使用を中止してくださいと書いてありますよね。

スキンキュアには二つあり

もっとも最近の皮膚科およびスキンキュアは大きく二つに分かれます。

美容皮膚科と皮膚科そしてエステの違い

美容中心
美白やニキビ治療を行う美容を主眼においた医院
肌トラブル中心
肌や皮膚を治すことをメインとした医院

美容と治療、似て非なるどちらを主体としているかはウェブサイトを見ればわかります。
ケミカルピーリングやレーザー治療・美白などを目指しているのか、それとも治療を主眼にしているのか。

検索で「皮膚科」と調べて上位に出てきた二つの皮膚科をご紹介しておきます。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ