500ダルトンを超える大きさのコラーゲンは肌奥に浸透しない

コラーゲンやヒアルロン酸は分子量が非常に大きいため肌の奥にまで浸透しません。届くのは皮膚の表面にある角質層まで

化粧品の宣伝では肌の奥まで浸透と宣伝していますが、良く見ると角質層の奥までと表現しています。

本当にコラーゲンが届いて欲しいのは、角質層のさらに下にある真皮です。化粧品業界は、顧客に誤解(夢)を与えている商売ですから。

さて、それでは、なぜ、コラーゲンやヒアルロン酸が、真皮にまで届かないかをお知らせします。

肌の奥に浸透するためには500ダルトン以下

コラーゲンは、2000~40万ダルトンの大きさを持つ物質!

ダルトン(Dalton)

といっても聞き慣れない単位ですよね。このダルトンはごく小さい物質である【分子1個の質量】を示す単位。
タンパク質やミトコンドリアなどの質量の大きさを示します。

コラーゲンと肌への浸透

肌の奥に浸透する物質は、分子の大きさで【500ダルトン】以下でないと難しいと言われています。

本当に皮膚の中に浸透しなければいけない医薬品の分野は研究が進み、皮膚に塗り浸透していくために必要な大きさとして分子量500ダルトン以下を一つの基準に用いている。

つまり、ヒアルロン酸やコラーゲンを肌の内側に浸透させるためには、分子量を500ダルトン以下にしなければいけないのです。

コラーゲンの大きさ(単位はダルトン)

  • 牛・豚・鶏などの骨や皮・軟骨から抽出する動物性コラーゲンは30万~40万ダルトン
  • 魚などから抽出する海洋性コラーゲンで約10万
  • 加水分解コラーゲンで約1万
  • コラーゲンペプチド:3千~5千
  • 低分子コラーゲン:5百~千
  • ヒアルロン酸:約100万~200万

大きすぎて肌奥の真皮には届きません。

化粧品に配合されているコラーゲンやヒアルロン酸の効果

では、何のために化粧水や美容液に配合されているのでしょうか?

化粧品に配合されているコラーゲンやヒアルロン酸の効果は【保湿効果】です。数万~数十万ダルトンという分子量の大きさが肌に対してバリア効果をもたらします。

ただし、体内で生成しきれない分を補う効果がないことをお忘れなく!もし、効果があったとしたらそれは化粧品ではなく医薬品として販売しなければいけません。また、高価なヒアルロン酸注射などは必要なくなります。 

皮膚の最表層にある角層は疎水性で密度が高く体内からの水の蒸発を防ぎます。同時にこの疎水性の角層は外用薬が皮膚の内部に浸透する最大の障壁。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ