日本女性の肌はキメが細かくきれい

日本人は、舶来思想が強く海外のものが一番いいと思い込みがち。でも、日本の方が優れている部分もあるはず。その一つが肌の美しさ=美肌です。

日本の女性は美しいと資生堂が発売したシャンプー「TUBAKI」でも訴えているように、基礎的な手入れだけで外国の人がうらやましがる肌を手に入れることができます。

●TUBAKIのCM=出演している女優・モデルは歴代きれいな方ばかり。広末涼子さん、長谷川潤さん、上原多香子さん、鈴木京香さんなどが髪の美しさをPR!

日本女性の肌がきれいな理由

美肌の横顔

いくつかの理由が重なってすべすべで柔らかいきれいな肌が作られました。

湿度が高く四季のある国

日本は、欧米に比べて湿度の高い国。空気には常に潤いが保たれておりお茶や水を飲む機会も多い。
ところが、フランスやスペインなどは強烈な日差しと乾燥した地域。紫外線と乾燥によるダメージが肌に現れてきます。
特に、30代以降にその差が顕著になります。

日焼けに対する意識

白人の多くは日焼け大好き。もともと太陽の恵みが少ない地域に暮らしていた名残なのかバカンスに南国の太陽を浴びに行きます。

その結果として顔や背中・デコルテといったあたりはシミだらけ。それでも堂々と見せびらかしているのはさすがです。

日本はガングロブームこそあったものの基本的には白い肌をきれいな肌として尊重。紫外線対策はばっちりです。

入浴や温泉

日本人女性はお風呂大好き。もちろん温泉も大好き。
美肌効果の高い温泉に入り、こまめにお風呂に入って肌のケアを意識することで肌への関心が高まります。

バランスの取れた食事

和食の良さは欧米が取り入れている程。適度な脂・たんぱく・炭水化物・ミネラルに彩られた食事は味と見た目の良さでハリウッド女優達にも人気。

日本女性の肌

みずみずしさ溢れる日本女性の肌。そのキメの細かさは折り紙つき。
キメの細かさは遺伝と生活習慣で決まります。

肌には細い線が無数に存在し「皮溝」と呼ばれます。この皮溝に囲まれた部分が皮丘、そして毛穴の3つが細く小さい程、キメが細かくなります。

ただし、キメが細かく美しいゆえに繊細な肌となるのが悩みどころ。美しく強くというのは難しいのでしょうか。

ちょっとした刺激や変化に対しても敏感に反応してしまうのです。

特に紫外線の弱い秋田出身の方は、佐々木希さん、加藤夏希さんなど美肌の持ち主がたくさん。

日本女性と白人の肌は質感やきめ細かさが異なるので、お手入れ方法も変わってきます。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ