きれいな肌をつくる本当に効果のあるスキンケア方法

化粧品は美容や美白など肌をきれいにしたり治療効果があってはダメ。

カネボウの美白化粧品で肌がまだらに白くなってしまい「医薬部外品有効成分ロドデノール」配合の化粧品は全て回収される事件もありました。

皮膚の奥まで浸透してしまっては副作用などが生じてしまい認可が得られません。値段が高かろうが特別な●●エキスを配合された商品でも同じです。

効果が生じるのは角質層まで。

では、きれいな肌をつくるにはどのようなスキンケア化粧品をつかえば良いのでしょうか?

スキンケアの二大目的は保湿と紫外線対策

シンプルに保湿効果のあるものを選びましょう。
皮膚の表面の角層では、細胞の隙間に水分や油があって潤いを保ちます。潤いがあるとみずみずしく健康的で美しいですね。

スキンケアは保湿重視

この潤いを保つために保湿効果のある化粧品は役に立ちます。高価なものでなくてもかまいません。

シンプルな成分のスキンケア用品を使うことがすべすべもちもちな美肌に近づきます。

また、細胞内に浸透して不足した分を補うことはできない肌に塗るコラーゲンやヒアルロン酸も保湿に効果があります。コラーゲンやヒアルロン酸の分子は大きく肌の表面に付けると、水分の蒸発を抑えて肌の表面を保護してくれます。

肌の細胞を保護すれば外部からの刺激や紫外線を受けにくくなりますね。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ