きれいな美肌を守るには紫外線対策を行うこと!

肌にもっとも大きなダメージを与えるのは紫外線です。

あなたの体で、紫外線が当たらない「二の腕の裏」や「あごの下」を見たり触ったりしてみてください。

そのすべすべ感とキメ細かい美しさに驚きます。紫外線が届きにくい肌は余計な刺激も受けませんからニキビやしみ・そばかすもできない赤ちゃん肌を保っています。

そのため、紫外線対策(UVケア)はもっとも大切です。

紫外線を浴びるとメラニン色素を生成して肌を守ります。それでも守り切れないと火傷やしみになってしまうのでUVケアで皮膚を助けてあげましょう。

美肌維持のためには紫外線

紫外線は肌を老化させる。

小麦色の肌もきれいですが、上手くコントロールしないとしみやそばかすがたくさんできてしまいます。

強い日光は、人そして物に大きなダメージを与える!

紫外線で破れた袋

強い日差しのもとでは室内では破れないビニール袋も1年経過するとざっくりと破れて穴が開いてしまいました。

私達は、日光を浴びて物が劣化することを体験しているはず。

人間の場合、ダメージを受けても皮膚の細胞が再生しているので平気でいられます。それでも強い紫外線を受けると肌が黒くなったりしみになったりしてしまいます。

美白を求める女性は色黒になるのも避けたいところ。日光の少ない東北女性の肌は本当に白くてきれいです。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ