肌は表皮と真皮の二層構造

人間の肌(皮膚)の構造は、表皮と真皮の二層構造でできています。そして、真皮の下には皮下組織があり皮下脂肪が蓄えられているのです。

肌の表皮について

表皮の厚さは0.1mm程とかなり薄い組織。

表皮の役割

  • 外部からの刺激や乾燥から肌を守る防御機能
  • 体内の水分量を調整する保湿機能

この表皮のスキンケアがうるおいのあるしっとりとした肌作りでは大切。

表皮組織の表皮細胞は底の方にある角化細胞という細胞で作られてから表面に移動していきます。そして、角質(ケラチン)へと変化して、剥がれ落ちる。

角質の厚さは約0.01~0.03mm。

表皮細胞の生まれ落ちるサイクルは平均して28日間。

皮膚と肌の構造
ヒトの皮膚の構造(wikipedeia

肌をきれいに保つには、この肌(皮膚)の構造をきちんと理解しておくこと。化粧品やスキンケア用品を使う場合には目的や問題(悩み)に合わせて使わないと効果がありません。そのためには肌という存在を知っておくことです。

肌の真皮

真皮の厚さは2.0~3.0mm。

真皮の役割

  • 肌のハリ、弾力性を保ち、表皮と皮下組織をギュッと支える働きを持つ。
  • 真皮細胞は、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどの健康・美容で耳にする物質を含んでいます。

真皮細胞の細胞周期は約5年~6年です。

なお、人の皮膚組成は水分約57.7%、タンパク質約27.3%、脂質約14.2%、灰分約0.6%でできています。良質な食事と睡眠・水分補給の大切さがこの組成内容に示されています。美肌作りには適度な脂やたんぱく質の摂取が大切です。

細胞と細胞をつなぎ合わせている細胞外マトリックスには大量のコラーゲンが含まれているので美容において重要なもの。

肌の専門家は、病気治療を目的とする皮膚科そして美容のことを考えて治療する自由診療の美容皮膚科と二つの病院が併存しています。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ