先天性のそばかすと後天性のしみ。その種類と対策

しみには様々な種類があって、それぞれ治療方法が異なります。

また、そばかすは先天性の要素が強く治療をしても再発することも。

しみやそばかすの大きな原因が紫外線による刺激。春から夏に増加することが特徴です。増やさないためにはUVカットで紫外線を避けることが一番重要

また、冷えや血流が悪くなると肌のターンオーバーも悪くなります。するとメラニン色素が外部に排出されずに一部だけ残ってしみになることも。

しみやそばかすの種類と対処方法

症状がひどくて気になる場合は皮膚科に相談を!

日光色素班・老人性色素班
紫外線の影響が強い。30代以降に増えてくる。薄いものは薬などで消えることも。
濃いしみは美容皮膚科でのレーザー治療などで対策
炎症性色素沈着
ニキビや虫さされなどの跡がしみになったもの。美白の薬やピーリングなどで治療
脂漏性角化症
茶や黒に変色していぼのようになる。レーザー治療など
光線性花弁状色素班
日焼けによっておきる花弁(はなびら)のような形のしみ。レーザー治療など
そばかす(雀斑)
鼻の周りを中心に小さな点々ができる。先天性のことが多い。レーザー治療などで消しても再発することも
<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ