ヒアルロン酸注射でしわやほうれい線をなくせば若返る?

年とともに、皮膚は衰えてしわやたるみが出てきます。しわを隠すためにコラーゲンやヒアルロン酸を注射する方法が美容外科や皮膚科で人気。

しわ対策として20数年前に登場したのがコラーゲン。現在はアレルギー問題でヒアルロン酸注射が主流。乾燥や紫外線により皮膚は弾力性を失い、年齢とともに真皮に含まれるコラーゲンは減少していきます。

ヒアルロン酸注射で皮膚のしわやほうれい線を小さくする

コラーゲンやヒアルロン酸を皮膚のしわやほうれい線に注射することで若い肌を手に入れることが目的。しわの線に沿って注射器で注入します。ただし、徐々に吸収されるので定期的な注入が必要なところが欠点。

しわができている皮膚は弾力性が弱い。その皮膚にコラーゲンやヒアルロン酸を注入するとしわは伸びます。その状態で笑う・怒るなどで皮膚が伸びてしまいます。数ヵ月後に注入物が吸収されてしまうとしわは深くなるので、美肌を保つには永遠に注入を要する。=実施時は医師への質問を行い疑問点をなくしてから

真皮の劣化でしわやほうれい線はできる。

技術自体はそれほど、難しくなく身体への負担も少ないため、中高年女性はもちろん20代女性のニーズも。

化粧品でのしわ隠しに比べて注射後の若返り効果は抜群。他にもホホのへこみや唇などのボリュームアップにも効果的。

コラーゲンはアレルギーを起こす可能性がある

最近の美容外科は技術進歩が早く、次々に新しい方法が開発されています。以前は、目元のしわを消すことが難しいと言われていましたが、現在は行うところが増えています。

さて、コラーゲン注射は、人により、腫れや痛みなどが生じる可能性があり。アレルギーテストが必要です。反応が強い場合は皮膚の潰瘍・しこりができてしまい肌を痛める結果になりかねません。ヒアルロン酸によるアレルギーは非常に稀。

吸収されるまでの期間も長いことから、ヒアルロン酸注射の人気が増えています。

効果の持続期間(注射方法や個人差によっても違う)

  • コラーゲン:約半年
  • ヒアルロン酸:約1年

手術時の痛みや出血はほとんどなく、通院の必要もないことから、整形手術の中でも気軽と言えるでしょう。専門医が多いのは都会中心。大都市の病院の方が最新設備の導入に積極的で臨床例も豊富。

SBC湘南美容外科や聖心美容クリニックは美容やアンチエイジングで有名な病院。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ