クレンジングは化粧を落とす役割

クレンジングは化粧を落とすためのもの。

ほとんどの化粧品は、汗や雨などで落ちないように油分が含まれています。
水やせっけんなどでは化粧を十分に落とすことができないため、クレンジングを行います。

クレンジング剤は何でできているの?

「油分」「水分」そして油分をおとす「界面活性剤」からできています。

角質を落とす・美容成分配合なんてのもありますがクレンジングは化粧を落とす役割に特化した方が良いでしょう。

オイル・ジェル・クリーム・ミルクと様々な種類があり基本的な3つの成分の配合量が異なります。

クレンジング剤の種類

肌への刺激は、ミルクやクリームが弱くオイルタイプが強い。

ミルクやクリームタイプ

水が多めで油分が少なく肌への刺激は少ない。

メイクとなじむのに時間がかかるのがデメリット

リキッドやジェルタイプ

ミルクよりは油分が多くオイルよりは少な目の中間タイプ

クレンジングオイル

ミネラルオイルやオリーブ油といった油分をベースに作ります。

メイクに素早く馴染むので、マスカラも落とすことができます。忙しい現代女性に人気。

ただし、メイクになじみやすい分だけ肌のバリア機能を壊してしまう可能性があります。そのため、メイクがなじんだら早めにすすぐこと。

自分のメイクが落ちることが最優先。そもそもそれが目的ですからね。

メイクの強弱にご注意ください。

後は、メイクの強弱にご注意ください。目の周りのアイメイクは長持ちして落ちにくいメイクをする方は多いはず。そして目以外の部分は薄化粧だったら。

アイメイクに合わせて顔全体の化粧を強いクレンジング剤で落としていたら肌への刺激が強くなりすぎます。その時はアイメイクと顔全体で落とし方を変えること。

なお、乾燥肌タイプにはミルクやクリームがおすすめ。

また、濃いメイクをした時には、肌への刺激は強いもののオイルでさっと落とした方が何度もゴシゴシとこするよりも結果時に肌への負担は少ない。

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

このページの先頭へ